海外初 飲食人大学タイバンコク校 10月開校 第1期生募集。 いま世界へ飛び出そう

「日本が誇る寿司職人の技術と語学習得ができる」

  • ①海外で江戸前鮨を学びながら英語(タイ語) を学ぶ!
  • ②海外経験無くとも現地日本人スタッフによる安心のサポート(住居付き)
  • ③ワーホリ・海外永住・海外就職を目指す方に最短のルートを提供

海外でプロの寿司職人が
圧倒的に不足‼

先ずは説明会に参加してみよう!

お電話でのお問い合わせ

0120-951-869

ご予約はこちら
WHAT’S THAILAND? WHAT’S THAILAND?

バンコクとは

華やかな大都会の賑わいと厳かな仏教文化が息づく古今の歴史と文化が調和した都市。

面積は日本の約1.4倍で人口は約6900万人。首都バンコクは約820万人、東京が約950万人、またスワンナプーム国際空港のあるサムットプラーカーン県は2020年には約250万人になり大阪府とほぼ同じ人口になる見込みです。
気候は熱帯性。一年中、日本の夏のようです。宗教も仏教徒が占める割合が94%と日本人には馴染みやすい文化であると言えます。

生活しやすい物価と豊富な食材による食文化。

モダンな高層ビル群や巨大なショッピングモールの足元には、昔ながらの屋台が集結し買い物や多彩な食事が安く楽しむ事ができます。物価は日本約10 分の1 分ほどです。世界三大スープの一つトムヤムクンや幅広い味の麺類など、タイの料理は豊富です。また、市場には新鮮な食材が多く並び、日本の「寿司」を広める舞台が揃っています。

世界一の観光都市バンコク

歴史と文化が調和した国際都市バンコクには、世界中から一年間に2020万人が訪れる世界一の観光都市です。2位はロンドンの2000万人、東京は6位で1250万人、大阪は15位で790万人という数字を見てもその人気の高さは群を抜いています。

日本とも親密で友好な関係。

日本とタイは600年にわたる交流の歴史を持ち、伝統的に友好関係を維持しています。両国の皇室・王室間の親密な関係を基礎に、政治・経済・文化など幅広い面で緊密な関係が築かれ交流も活発です。
在留邦人は10年間で約7万人と倍に。タイへの日本人渡航者は約126万人に達しています。なお、バンコク日本人学校は世界最大の約3,000人の生徒がいます。

Japanese food situation in Bangkok Japanese food situation in Bangkok

日本の大小企業もゾクゾクと進出する期待の都市

バンコク日本人商工会議所への加盟企業は1,701社(2016年2月現在)を数え、日本でも馴染みの会社が軒並み設立し、日本製品の信頼と共に人気も急上昇しています。

日本の外食チェーンいっぱい

タイ経営の日本レストランから最近は、大戸屋、吉野家、つぼ八、すき家、CoCo 壱番屋、モスバーガー、幸楽苑、丸亀製麺、やよい軒、世界の山ちゃん、一風堂など…バンコクでは日本の地方都市を上回る勢いでチェーン店が展開しています。

日本旅行・和食ブームで、日本食のインバウンド効果増大中

タイに多くの日本食レストランが揃っているのは、バンコクにおいては、8万のまた10万人近いという説もある在留邦人が暮らしているため。タイで暮らす日本人の胃袋を満たすため、多くの日本食レストランが凌ぎを削って味を磨いています。
そこにきて、2013年に日本への観光ビザが免除されると日本旅行が大流行。翌14年には66万人を記録し今なお増加傾向にあります。多くのタイ人が日本で「本場」の日本食に舌鼓を打った…これがタイ国内の日本食マーケットの成熟化を促したと言われています。「日本でのホンモノの味を母国でも味わいたい」という本格的な和食を求める層が急増しています。

今がチャンスの時!本物の和食がブーム!本物の和食職人が求められています。

だから今!バンコクで学び、バンコクを知り、タイで、日本で、そして世界の和食職人になる

来る2020年の東京オリンピックで日本におけるインバウンド観光の熱は益々高まる一方です。日本の「おもてなし」の話題や「世界文化遺産登録」で和食が世界中に急速に波及しています。一方で課題となるのは人手不足。特に「本格」調理ができる和食職人は圧倒的に足りていないのが現状です。

先ずは説明会に参加してみよう!

お電話でのお問い合わせ

0120-951-869

ご予約はこちら
Extensive support system Extensive support system

準備するのはパスポートとやる気のみ!

寿司マイスター専科

バンコクで3ヶ月でプロの寿司職人の技術を修得!

バンコクでの3ヶ月間は万全のサポート

お急ぎください VISA取得サービス バンコクでの住居提供 近隣国への一泊二日のリフレッシュツアー 語学研修/通訳サポート 住居提供 VISA取得 就職紹介 国内外のレストラン 紹介・斡旋 リフレッシュツアー

全てコミコミの安心料金

130万円でプロ職人への道が開ける!

(タイバーツのレートに応じる)

費用1,300,000円(税込)※タイバーツのレートにより変動します。

※別途、教材や制服などの準備に49,910円(税別)がかかります。

※お支払いは一括銀行振込、その他のお支払い方法についてはご相談下さい。

飲食人大学卒業後は、日本での卒業と同じ卒業証書を授与

カリキュラムは課外授業を除き、
日本と同じ内容です。

Popular sushi in the world Popular sushi in the world

日本の食、世界を食す

日本貿易振興機構〈ジェトロ〉の「日本食品に対する海外消費者意識アンケート調査」(2014年)で世界で数多ある料理の中で好きな外国料理の1位として「日本料理」が選ばれた。調査対象は各都市で10代~50代の市民それぞれ500人の合計3000人。
4都市ではバンコクが66.6%と特に人気は高い。

増え続ける和食レストラン いつも人気のトップは寿司

海外の日本食レストランは、この10年ほどの間に5倍に増加。国産の農林水産物・食品の輸出額も2016年までの4年間で1.7倍となり、4年連続で過去最高を更新。その勢いは衰えず、17年も過去最高を記録し続けています。
調査で寿司・刺身が35.3%と最も人気が高く、天ぷら9.6%、焼き鳥8.7%と続く。寿司がトップの座を占めたのは、ヘルシーなイメージとしての日本食の代表と受け止められたことが背景にあるようです。

求めているのは、本物の寿司を作れる本物の職人

海外でSUSHI職人は引っ張りだこで、年収1000万円も夢じゃないと世界へ飛び出す者も多くいる昨今。国内の大手回転寿司チェーンの世界進出も急増し競争も激化しつつあります。しかし、日本料理のイメージは「おいしい」を筆頭に「健康的」「高価格」「おしゃれ」「安全」、「高級感」であるようです。確かな腕を持つ「本物の日本の寿司」を世界は求めています。

世界があなたを待っている!

日本や海外での就職サポート

タイ国内だけでなくNY、ドバイ、近隣諸国の寿司レストランへ紹介や斡旋など卒業の就職相談も承ります。

先ずは説明会に参加してみよう!

お電話でのお問い合わせ

0120-951-869

ご予約はこちら